*

無添加化粧品の誤った認識

最近では無添加などといった自然派の化粧品を多く見かけます。
名前からして、お肌に刺激が少なそうなイメージ、
そしてお肌に良さそうなイメージがありますね。
肌が弱いから無添加をと考えている方には少し注意が
必要です。
天然成分のほとんどの場合、植物エキスが主成分に
なっています。
植物エキスの方が多くの成分でできていて、普通の化粧品より
構成がとても複雑なのです。
そのうちのどれかの成分が肌へ反応してしまうと、
より大きな刺激となってしまいます。
無添加化粧品の方が、より刺激が強くなる場合もあるのです。
また無添加の定義は明確でなく、メーカー基準になっているので
選ぶ側としてはかえってわかりにくくなっているのです。
防腐剤一切不使用といったフレーズをよく目にしますが、
その分、界面活性剤を含んでいることもあります。
防腐剤よりも界面活性剤の方が肌に大きな負担をかけてしまいます。
自然派化粧品にスキンケアを頼るのではなく、ご自身の肌質を
しっかりと把握し、含まれている成分にも気を配りたいですね。



コメントする